特別なiMachiningストーリー - Carl Zeiss SMTでの成功


  光学

..マネージャは現行のCAMソフトウェアの変更を確信していました。

From: Dirk Klinge
Sent: Sunday, November 23, 2014 12:15 PM
To: Emil Somekh
Cc: Gerhard Laegeler; Bekir Kilic
Subject: Special iMachining Story – great success at Carl Zeiss SMT

 

Hi Emil,

今週、非常に有名な会社であるCarl Zeiss SMTとの商談がまとまりました。

http://www.zeiss.com/semiconductor-manufacturing-technology/en_de/home.html

Carl Zeissは、光学産業、医療技術などを含む、様々な分野で世界のマーケットリーダーです。

この商談には2年間を費やしました!それは特別なストーリーです。

2年前、iMAchiningの紹介に訪問し、素晴らしい加工をしました!

この時、部品の加工に10時間以上もかかりました、なぜなら、非常に硬い材料で、多くの工具が必要だったからです。

SolidCAM iMachiningでプログラムを最適化し、機械へ行きました。

iMachiningは非常に早く、2本の工具で、45分で加工しました92.5%のサイクルタイムを削減し、大きく工具寿命を延ばしました)

機械の前にいた、全てのCarl Zeissの従業員は驚き、それを信じることができませんでした。マネージャは商談を始めるための見積もりを依頼しました。

2週間後彼は次のように言いました:SolidCAM iMachiningは素晴らしいソフトウェアですが、加工したパーツは大きな部品グループ(コントローラーでマニュアルプログラミングまたは、彼らの現 行のCAMソフトウェアを使って)の1つに過ぎません、そして、全パーツグループのコストは数十万ユーロ以上!なので、このパーツの加工時間削減は、実は たいした違いではありません。

この商談は我々の手の届かないものだと思いました。

2年後、マネージャから電話があり、パーツと製造方法を変えたと連絡がありました。- 現在では、彼らには他のパーツがあり、また会いたいとのことでした。

そこで、そこへ行き、いくつかのパーツがiMachiningに適していると理解して、機械で加工しました。この時、時間削減は大きかっのですが、2年前のように劇的ではありませんでした。しかし、今では、マネージャは、現行のソフトウェアの変更を深く確信していました。

Carl Zeiss SMTは、1つは同時5軸までで、両方にiMachining2D3Dの、最初の2つのSolidCAMネットワークライセンスを注文しました。

これはスタートに過ぎません – 現在のCAMソフトウェアを置き換える、より多くのSolidCAMシートの可能性があります。

この話の教訓は:

一回、動いているiMachiningを見れば、それは永遠に心に残ります!

 

Best regards,

Dirk Klinge
Manager direct sales
SolidCAM GmbH